お中元を贈る際に気を付けたほうがいいこと

そもそもお中元とは何かご存じですか。詳しく知らない人も多いんではないでしょうか。お中元とは、日ごろの感謝とともにこれからも変わらぬお付き合いをと思いを込めてお世話になった方々に送るギフトです。お世話になった人へ送るものであるからマナーはちゃんとしておきたいですね。

気を付けるマナーとして、時期も大切です。時期は、6月下旬から7月15日ごろまでに送ることが一般的になっています。これを過ぎると暑中お見舞いや残暑お見舞いになってきます。お中元は、毎年贈るのが基本でのし紙は、紅白5本蝶結び。

送り主が個人の場合、名前は姓のみとします。何を送っていいのか迷った時は人気の定番商品が無難です。人気商品として、お供えの意味も持っていたこともあり食べ物が中心となります。スイカやメロン、桃など夏らしさを感じさせるものがよいです。

その他にも、アイスクリームやゼリーのような清涼感のある食べ物や、夏をモチーフにした金魚や花火などの日常品も人気が高いです。送る側でなく受け取る側にもマナーが必要になってきます。目上の方に、目下の方が送るのが一般的なのでその場合は、お返しは必要ありません。ですが、友人や同僚の場合であったら同じ程度の品物をお返しするのがよいです。

ビジネス上での取引先など数が多いとなれば、印刷のお礼状でも大丈夫です。大事なのは、届いたこととお礼の言葉。その他にも、相手や相手の家族の健康を願う文を入れるのが良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です