夏のご挨拶 お中元のルールとマナー

夏が近づくと、今年のお中元はどうしようかと悩まれる方も少なくないのではないでしょうか。お世話になった方への大切な贈り物。大切な相手に不快感を与えないためにも、お中元のルールやマナーなどの基礎知識を知っておくことは重要です。夏のご挨拶、お中元。

元々は中国の風習であり、中元とは旧暦の7月15日のことを指します。シーズンは地域により多少異なりますが、大体7月初旬から8月中旬頃までに贈るのが一般的です。夏の風物詩と言えば、他にも暑中見舞いがありますが、お中元には「感謝の気持ちを伝える」意味があり、暑中見舞いは「暑い時期に相手の健康を思いやる」意味があるため、混同しないよう注意が必要です。品物の相場は、贈る相手との関係性にもよります。

相手によって予算を変えると良いでしょう。親族間で大体3、000円から5、000円程度、仕事先や目上の方には3、000円から10、000円程度が一般的のようです。あまり高価すぎる物を贈るとかえって相手に気を遣わせてしまう可能性もありますが、前年より予算の低い品物を贈る事はマナー違反と言われている為、無理のない範囲での予算設定が必要です。夏場の暑い時期の贈り物ですので、冷やして美味しいジュースやアイス、ゼリーなどが人気です。

甘いものが苦手な方へは、ビールも良いでしょう。スイカなどの季節のフルーツや、夏に出番の多いそうめんなども喜ばれます。贈る相手の好みの他に、家族構成を参考にするのもポイントです。大切なあの人の喜ぶ姿を想像しながら、是非楽しんでお中元を贈ってみてください。

お中元のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です