お中元にNGの贈り物

日ごろからお世話になっている方に感謝の気持ちを伝えるために送るお中元、だからこそ相手の好みやライフスタイルを考えて品物選びをすることになります。その際、忌むべきものとして避けた方が良い品もいくつかあるため注意は必要です。縁を切るという意味を持つ刃物・踏みつける履物はNGです。筆記用具や時計のお洒落なもの・あの人にピッタリのものが見つかったからと贈りたい気持ちもあるでしょうが、お中元としてはやめておくべきです。

「一生懸命働け」という意味を持つからです。日頃から使うしいくらあっても困らない下着や肌着類も、貧乏人に施してやったといった捉え方となります。感謝の気持ちを伝えるどころでは無し、馬鹿にしているようにしか見えません。手ごろなお値段で何枚あっても良いのはハンカチも、こちらも「手切れ」を意味する以上は避けた方が良い代物となります。

毎年やってくるお中元の時期、その度に悩むのは嫌だからと現金や商品券で済ませようという方もいるかもしれません。ですがお世話になっている相手というのは目上のなのです。金品を恵んでやるとなると下から上に贈るものとしてふさわしくはありません。そもそもお礼の気持ちから行われる習慣なのですから面倒がるのも違うこと、純粋に相手に自由に選んでもらいたいという気持ちがあるなら現金・商品券ではなくカタログギフトであれば大丈夫です。

本当に喜ばれる品を選び出すのは至難の業、だからこそこちらを利用する方は増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です