排水の泡で困ったら消泡剤

排水がなかなかできないので、配管を見てみたら泡だらけだったということがあります。管内が気体で充満してしまうと排水が入り込む余地がなくなり、詰まっているのと同じ状態になってしまいます。これでは次の工程に進めず、待機の時間が長くなってしまいます。消泡剤を使うことで気泡を減らすことで通りを良くする事が可能です。

このような状態が続き、過剰に発生した場合、配管を壊してしまう恐れもあります。排水に泡が発生する原因として、アルカリ性になっていることや使っている溶剤が多く、濃度が高くなっていることが考えられます。生産管理でこのような状態にならないようにすることも重要ですが、それでも完全になくすことは難しいのが現実です。そのため消泡剤を使うことで泡をなくすことが最も効率良い処理方法と言えます。

表面に発生する泡を破壊することや発生しにくくすることで数を減らすことができます。このときに発生する気体についても脱気などの処理が必要になるので、配管に流す前に使用した方が安心です。消泡剤は素材や形状などによって選ぶことになります。特に排水の場合はそのまま自然界に戻すことができるかという問題もあります。

シリコーンやオイルなどを素材としている場合、最終的な排出後に残ってしまって問題になることも考えられます。自然にやさしい素材で処理ができる物を選ばなければいけません。または使用する量を少なくして、問題がないレベルにしてから排水することも重要です。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です