消泡剤で製造工程のトラブル回避

製造工程中に液体の発泡によって生産効率が落ちたり、品質の劣化が発生することがあります。流れがあるところには必ず泡が発生するので、とても厄介な問題となります。時間をかけて消えるのを待っているといつまで経っても作業ができません。効率良くなくすためには消泡剤の使用が重要です。

液体の中に気泡が混ざると気泡として存在し続けます。しばらくしていると上昇して表面に上がってきますが、その後も表面張力でできた半球状に膨らんで存在します。消泡剤は3つの作用でこの状況を解決することが可能です。一つは脱泡作用で上昇するスピードを速めます。

複数の気泡を合わせて大きくすることで、上昇する力を高めます。合わさったときに大きな球状にならないように制御することで、表面に出たときに均衡が崩れて壊れます。消泡剤のもう一つの作用は、抑制です。数を減らすためには発生させないことも重要です。

壊すだけではいつまで経っても終わらない恐れがあります。そのため界面活性剤によってできる表面に入り込んで、表面張力を不均一な状態にして泡ができないようにします。発生させない効果がなければ、効率良く処理できません。最後の作用は破壊になります。

シャボン玉を割るときと同じように、一部分に力をかけて壊します。消泡剤の場合は、表面の一部分に付着することで均衡を崩して破裂させます。このような作用を複数合わせて製造工程で発生する泡のトラブルを回避します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です