消泡剤の主な3つの作用

消泡剤は泡を消すために使われる溶剤です。その作用には大きく分けて3つに分けることができます。一つは破泡作用と言って、名前のとおり破壊することが目的です、泡は表面張力によって均衡を保っています。シャボン玉が割れずに存在しているのは、周りの界面活性剤が均衡を保っているからで、どこか一部分に力がかかると簡単に割れてしまいます。

液体の表面にあるときは強い表面張力で守られているので、簡単には破壊することができません。一部分に力をかけるほど大きくないため、外力による機械的な破壊は不可能です。消泡剤は界面活性剤の間に入り込み、不均一な状態を作り出し破壊することができます。2つ目の作用は、発生すること自体を抑える抑泡です。

破壊するだけでは効率的になくすことが難しいため、そもそも発生しないようにすることで数を減らします。液体の表面に上がってきたあとで表面張力を均衡をくずして表面張力による薄膜ができないようにします。発生するたびに壊してしまえば、素早く数を減らすことが可能です。最後は脱泡作用で、液体中の気泡を早く表面に上げる効果が期待できます。

気泡は大きさによって浮力が異なります。大きければ大きいほど早く表面に上がってきます。消泡剤は複数をつなぎ合わせて大きな物を作り上げます。つない合わせるときに球状にしないようにすることで、表面に上がってきたときに破裂するようにできます。

つまり複数を一度に破壊できる効率的な方法です。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です