消泡剤のいろいろな種類と違い

消泡剤は液体中の泡を消すために使われるものです。その種類にはいろいろなものがあります。例えばオイルタイプで、鉱物油に消泡成分が分散されているものです。熱に強く高温の液体にも利用できるメリットがあります。

特に表面の泡を素早く破壊することが得意です。主に排水用に使われますが、油分が残るので河川などの自然界での使用には向いていません。最終的に油分を除去する作業が必要になるため効率が悪くなってしまいます。活性剤タイプの消泡剤は、洗剤などに使われる界面活性剤と同じものでできています。

疎水性で油性でなため温度が上がると白濁することが特徴です。有効性成分が90%以上もあるので少量で効果を発揮します。安定性に優れているので、保管が容易ですが、高価なことがデメリットです。活性剤タイプはエーテル系とエステル系に分けることができます。

エマルジョンタイプの消泡剤は高級アルコールを水に溶かして乳化させたものです。その性状からオイルインウォータータイプとも言われます。脱気性に優れいていて系内への影響が少ないことが特徴です。欠点としては乳化が崩れて分離することがあるため長期の保存に向いていません。

分離したあとは消泡性能が著しく低下するので、使うことができません。直射日光が当たらないところで保管する必要があります。この他にも食品などにも使われるシリコーンタイプや塗工液用のシリカを含む特殊配合のものなども存在しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です