消泡剤で液体の泡を消す

消泡剤を使えば液体中の泡をなくすことができます。あまり重要でないように思えるかもしれませんが、気泡が含まれていることで、仕上がりに影響が出るようなことがあります。例えば、塗料など気泡が含まれていることでムラやダマなどの原因となり、商品価値が下がってしまうことになります。消泡剤を使うとそのようなことを防ぐ効果が期待できます。

泡は液体中にある気体で表面張力によって球状になって存在しています。液体の表面まで出てきたあとも粘度によって存在し続けるものも少なくありません。泡をなくすにはその表面張力を破壊する歯科ありません。具体的には不均衡を作って割ってしまうような作用です。

消泡剤の作用には大きく分けて2つあり、泡をつなげることで大きくしてしまうものと、一部分だけ弱くしてしまうものです。泡をつなげるものは、球状ではない状態にして不均衡を作り出す方法で、大きくなった泡は上昇する力も強く、すぐに液体の表面に上がってきます。その後ひっついた部分から弾けてなくなってしまいます。部分的に弱くするものは、消泡剤が泡の表面を形成する一部に付着して、泡を形成する界面活性物質の間に入り込み力を不均一にする方法です。

不均一になったところから弾けてなくなります。これらの方法を組み合わせて早く泡をなくすことが消泡剤に求められる品質です。この他に泡ができにくくなる抑制作用も合わせると更に効果的に処理することが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です