便利な消泡剤の特徴とは

消泡剤は、様々な製品の製造工程で使用されている添加物です。泡が出来ると品質が悪くなったり、作業効率が下がったりする場合に泡が出来るのを抑えたり消したりするために利用されています。様々な物に使われている消泡剤は、身近な食品や化粧品などにも用いられていることがあります。なかでも豆腐を作る時に使用されるものは有名で、一般にも良く知られているのが特徴です。

泡を消すための添加物を使用しないで豆腐を作ると、沢山の泡ができてしまい多くの穴があいた仕上がりになる場合があります。手作業で泡を取り除くのは大変で、完全に取り除くのは不可能です。食品に使われている消泡剤は毒性がないのが特徴で、豆腐の場合も出来上がりの製品に成分が残ることはないとされています。出来てしまった泡を消すことができる消泡剤は、泡ができるのを抑える効果もあります。

そのため次々と泡ができてしまうような液体の場合でも、一度使用すると抑えることが可能です。泡ができる前に発生するのを抑える効果があり、できなくなる仕組みとなっています。消泡剤には様々な種類のものがあります。現代で最も良く使われているのはシリコーン系のものです。

泡を消す効果が高く、安全性にも優れているのがこのタイプのものの特徴です。食品用のものは、食品添加物となっていて安全性も高いとされています。また他の有機系のものでは使えなかった場合でもこのタイプのものなら使えることがあります。消泡剤のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です