消泡剤の役割と安全性

消泡剤は豆腐の製造工程で使用させるものですが、豆腐を作る中で必ず必要というわけではありません。なんの為に使用するのかと言うと、豆腐にできる気泡を消す為に使われます。豆腐は原材料に大豆が使われていますが、大豆の中に含まれているサポニンという成分があって、天然の界面活性剤の一種で水に混ざると泡が立つ性質があります。この性質によって大豆の製造過程で、泡が出てきて豆腐に気泡が発生するので防止するのに使われます。

豆腐の製造過程で出てくる泡は味を損なわせたりするのかというと、そうではありません。当然ですが泡が出る事で安全性に問題があるかと言われれば、それも問題ないです。しかし豆腐の製造過程で泡が発生して、豆腐が気泡だらけになるという事は、常に豆腐が空気に触れているという事なので、日持ちがしなくなります。少しでも保存がきく製品を作ろうと思ったら、気泡は取り除いておくべきです。

消泡剤にはシリコーン系と有機系消泡剤があります。シリコーン系は水性、非水性両方の発泡液で泡を消す力を発揮します。有機系消泡剤は水性の発泡液で強い消泡力を発揮するタイプで、豆腐に使われているのはこのタイプが多いです。これらのタイプだと使用しても最終的には、製品の中に残存しません。

しかも加工助剤に含まれるので、原料として表示されません。消泡剤はもともと人の体に害を及ぼすようなものではありませんし、製品に残存する事もないので、安全性と言う面では安心してしようできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です