豆腐に使われる消泡剤には種類があります

一般的な豆腐には消泡剤と呼ばれる食品添加物が含まれています。これは豆腐を作る過程でできる泡を消すものにあたりますが、この消泡剤は二つの種類に分けられます。その一つに挙げられるものがシリコン型と呼ばれるものです。タイプや特性、用途によりシリコンオイル方、溶液型、オイルコンパウンド型など様々な種類に分類されることになります。

水性、非水性の油や溶液などの両方の発泡液において、消泡力を発揮することになるでしょう。このうち豆腐に使われているものはシリコン系のエマルジョン型と呼ばれるものです。豆腐の中に成分が残らない、加工助剤に分類されているので、製品の原料表示に現れることもありません。そしてもう一つのものが有機系と呼ばれるもので、これは界面活性剤、高級アルコールなどいくつかの種類があります。

こちらの種類は水性の発泡液で強い情報力を発揮するのがひとつの特徴です。豆腐を見ると消泡剤不使用のものもありますが、この違いが気になる人も多いことでしょう。見た目の違いはそれほどなく、消泡剤不使用のものは大豆とにがりだけを使っているのが特徴です。不使用の場合には、煮沸している間に出てくる泡を、お店独自の工夫により取り除く作業を行っています。

不使用の場合にはあまり日持ちがしないので、すぐに食べた方が良いでしょう。泡を消すことにより製造中に悪が混入することになる為、味に関してはにがりが多く入ることにより味がしつこく感じられることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です