消泡剤を使うときの注意点は

消泡剤と呼ばれるものは、スプレー型のものが多く存在しています。もともとこれは泡を消すものですが、例えば豆腐の表面などに使うことがあります。通常自分で豆腐を作るとすれば、必ずと言っていいほど表面に泡が入ってしまいくれたのようになってしまうでしょう。いわゆる月の表面のようになってしまい売り物としては不十分です。

もちろん個人的に食べる分には問題ありませんが、商売で使う場合にはそれ以外にも工夫をしなければいけません。最近の商品はきれいに見せる事が重要になっているため、表面をきれいに見せるために消泡剤を使うことがあります。処方剤を使うことにより、豆腐が固まる前の段階で泡がなくなります。結果的にスーパーマーケットなどで販売されている状態のように、きれいな状態で得ることができるでしょう。

消泡剤は、あまり使いすぎてしまうと味が落ちる可能性があります。そのため、処方剤を使うためには適量を事前に確認してから使うようにするべきです。あくまで商品であることを考えれば、表面をきれいに見せるために味を落とす必要はありません。身体に毒などが入らないか問題になりますが、少なくとも食品に使うものに関してはそのようなものはありません。

そもそもそのような商品が売られているとすれば大きな問題です。消泡剤は、アルコールが含まれておりアルコールの力により泡を弾けさせることができます。ただアルコールをしてもすべての泡が弾けるわけではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です