消泡剤の役割と安全性

消泡剤は泡を消すためのものですが、どのような場面で使うのかと言うと豆腐を製造する時に発生する大量の泡を消すために使います。泡自体は味に問題が出たり安全性に問題が出るわけではありませんが、泡を放置してそのまま製造すると気泡だらけの豆腐ができてしまって、見た目の改善の為に行っています。見た目の改善だけでなく気泡が多いという事は、豆腐が空気に触れている状態です。そうなると日持ちが悪くなるので、長く保存しやすいようにする為でもあります。

消泡剤が豆腐製造の過程で出てくる泡を消す原理は、表面張力の小さい物質を泡の中に送り込んで泡を消します。新しくできようとする泡に関しては、周辺を表面張力の小さい物質が取り囲んで、アンバランスな表面張力によって泡ができるのを防止します。消泡剤が使われている食品に関して消費者が気にするのは、使われている事で食品としての安全性に問題が出るのではないかという点です。消泡剤は食品添加物の一つではあるものの、加工助剤になります。

加工助剤であるという事は、使用しても製造された豆腐の中には一切残りません。そのためもともと体に害があるようなものではない上に、製造された製品に残存する物ではないので、製造の過程で使用されていても食品としての安全性に問題が出るようなものではないです。逆に消泡剤が使われていないと品質が落ちるという事もないので、あえて使われていない製品を選ぶのも問題ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です