消泡剤を使うメリットとは

消泡剤は文字通り、泡を抑えることが目的の化学物質です。工業用製品の表面に塗装を施した場合、空気の泡が入ることがあります。こうした泡を消すことが出来る薬剤が消泡剤です。こうした塗装の場面以外にも、紙やパルプを使用する工場で消泡剤が使用されることがあります。

洗浄工程において、パルプなどはその性質上大量の泡を発生させてしまうのです。泡を放置したままでは、気泡が残り製品の品質が下がります。こうした時にも消泡剤はその効果を発揮するのです。樹脂やゴム製造過程・充填・移送といった場面でも用いられることは多く、表面処理では欠かせないアイテムと言えます。

もちろん排水処理用や発酵工程の泡立ちを抑える、という使用例もたくさん存在します。消泡剤はもともと液体に泡が出来るのを防ぐための添加物であり、さまざまな製造過程で用いられているアイテムです。泡が残ると不都合が生じる場面で使用されており、食品の製造過程や化粧品にまで用いられています。便利なアイテムですが、その取り扱いには注意が必要です。

最も汎用的なエマルジョンタイプは、食品添加用から排水処理にまで使用することが出来ますが、貯蔵条件に制約があるため保存用には適していません。油系の発泡に強い溶液タイプは、水に弱いという弱点があります。オイルタイプは気軽に使用出来るものの、排水の問題をクリアしなければなりません。どの泡にどの薬品・添加物を使用するかは必ず確認が必要となるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です